FileMakerServer17~18でパスワード未設定のファイルを開く(ホストする)方法

Ver17以降のFileMakerServerでは、「パスワードが設定されていないフルアクセスアカウント」があるとファイルが開けなくなりました。この問題を回避して、パスワード設定されていないファイルでも開いてホストする方法です。

パスワード未設定のファイルが開けないのはいつから?

Ver15頃からと思われます。そのバージョンからFilemakerServerで開く(ホストする)場合にはフルアクセスアカウントにはパスワードが必須に。ただしこの時点ではそれほど厳しい制限では無く、アドミンコンソールから設定を切り替えることで簡単にファイルを開けました。

Ver16でも15同様、「デフォルトでは開けないがアドミンコンソールで設定変更すれば開ける」仕様が引き継がれていました。

状況が変わるのがVer17からで、アドミンコンソールからその設定が削除されることになります

今までの「パスワード無しファイルもホストする」設定は機能としては残っているものの、アドミンコンソールからの変更ができない。そのため「パスワード未設定のフルアクセスアカウントがあるファイル」を開くためにはターミナルからのコマンド入力が必須になりました。

その程度の知識が無い場合は、パスワード無しでファイルをホストする危険性をコントロール出来ないとみなされているのかもしれません。

設定を変更してファイルを開く方法

ターミナルによる設定変更の手順。MacのケースなのでWindowsServerならコマンドプロンプトで行います。

まずはターミナルを起動。下記の2行目はMacのIPアドレスとPC名。環境によりこの部分は子tなります。

ターミナルに下記の通りコマンド入力。その後ENTERキー押下します。

fmsadmin set serverconfig securefilesonly=false

次に、アドミンコンソールのIDを入力。このIDはFileMakerServerインストール時に設定したもの。そしてENTERキーを押します。

最後にアドミンコンソールのパスワードを入力してENTERキー押下。入力中は鍵マークが出て入力値が表示されないがこれで正常です。内部的にはきちんと通っています。

以下のメッセージが表示されたらOK。設定が変わってパスワード未設定のファイルも開けるようになりました。

開けなかったファイルは手動で開く

ターミナルでの設定変更を完了しても、今ホストしているファイルが自動的に開きなおされることはありません。改めて開きなおす操作が必要です

アドミンコンソールのデータベースタブから、「開く」もしくは「すべて開く」で。

ファイルサイズとマシンパワーによりますが5分ほどあればすべて開けるはずです。

なお、パスワード未設定のファイルをホストしたらアクセスできるすべての人がそのファイルを変更できてしまいます。セキュリティには留意しましょう。

Previous Post
Next Post