MBS(FileMakerプラグイン)でファイルをコピーする方法

FileMakerプラグイン「MonkeyBreadSoftware(MBS)」で特定のファイルを別の場所に複製コピーする方法です。

コピーと同時にファイル名の変更もできます。

 

記述例

基本様式

MBS( “Files.CopyFile”; “C:\foldername\filename.txt”; “C:\otherfoldername\otherfilename.txt”)

元のパスとコピー先のパスを、ファイル名と拡張子まで指定するように記述します。

コピー先ファイル名まで記述するタイプの処理なのでファイル名の変更も同時に行うことが可能。

フォルダが無い場合は自動的に作られます(結構重要なポイント)

 

記述例(FileMakerServer/Windows)

MBS(“Files.CopyFile”; “\\xxx.xxx.xxx.xxx\foldername\filename.txt;\\xxx.xxx.xxx.xxx\otherfoldername\otherfilename.txt”)

記述例(ローカル/Windows)

MBS(“Files.CopyFile”; “C:\foldername\filename.txt;C:\otherfoldername\otherfilename.txt”)

※Get(デスクトップパス)で取得する値はC:ではなく/C:になるので1文字目を削除しないとエラーになります。SubstituteやRight関数などを使えば対処可能なので特に問題はありません。

 

参照元

下記のプラグイン開発元のぺージを参照してください。

https://www.mbsplugins.eu/FilesCopyFile.shtml

Previous Post
Next Post